実際のカジノとは異なる!?オンラインカジノの歴史について詳細解説!

実際のカジノとは異なる!? オンラインカジノの歴史について詳細解説!

最近、インターネット上でカジノができる「オンラインカジノ」が話題に挙がっています。

そもそも、オンラインカジノとはどのように始まったのか、知っている方は少ないかもしれません。

本記事では、オンラインカジノの歴史について、概要を解説していきます。

オンラインカジノの歴史は1994年まで遡る

実際のカジノとは異なる!?オンラインカジノの歴史について詳細解説!

オンラインカジノが登場し始めたのは、1994年ごろからと言われています。

1994年に、イギリス連邦の加盟国であるアンティグア・バーブーダが、オンラインカジノに運営ライセンスを付与する法律を可決しました。

これが事実上のオンラインカジノの始まりです。アンティグア・バーブーダは、カリブ海に浮かぶ島国です。

オンラインカジノの始まりの地として、現在も存在感を高めています。

同年に、大手ゲーミングソフトウェア会社として、マン島に「マイクロゲーミング社」が設立されました。

マン島は、イギリスの近くにある人口9万人ほどの島です。

マイクロゲーミング社は、世界で始めて本格的なオンラインカジノを開発し、リリースします。

この結果、オンラインカジノが世間に認知されるようになり、少しずつ世界に広がっていきました。

オンラインカジノの普及

その後も、世界各国で続々とオンラインカジノが設立されてきます。

1996年にはInter Casino(インターカジノ)が設立されます。

Inter Casinoは現在でもオンラインカジノ業界で実績を残している大手カジノ会社になります。

カジノのプレイ面でも発達が進み、他のプレイヤーとチャットをしながらカジノができる「マルチプレイカジノ」などが1990年代後半に普及してきました。

オンラインカジノ業界全体の売り上げも急増して、オンラインカジノが一気に成長局面を迎えていきます。

現在とこれからのオンラインカジノ

現在、オンラインカジノの保護を目的に、公式ライセンスを発行する国が増えてきています。

公式ライセンスを持たない悪徳業者はカジノ運営ができないよう、環境整備が進んでいる状態です。

ただし、日本のようにオンラインカジノに関する法律やルールがない国も依然として多いです。

法律の目をかいくぐって、カジノ参加者からお金を騙し取ろうとする業者も少なからず存在します。

スマートフォンの世界的な普及によって、オンラインカジノの業界規模は今後も拡大することが予想されます。

その規模は6兆円を超えるといわれており、今後大手のゲーム会社がオンラインカジノに参入してくるかもしれません。

まとめ

オンラインカジノは、最近登場した様な印象が強いですが、実際は1990年代から始まっています。

世界では法的な整備が進んでおり、オンラインカジノのプレイヤーも増えてきています。

日本ではまだ法的な整備が進んでいませんが、日本人プレイヤー数の増加を踏まえると、近いうちに整備が行われる可能性が高いです。

オンラインカジノがどのように発展していくか、今後も注目していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です